夏も後半にさしかかってきました。

暑さは一向に和らぎませんんが。。。

この時期「つくし」の枝豆は

「だだちゃ豆」

だだちゃ豆

山形県の鶴岡特産の在来種です。

色々と食べてみましたが、

やっぱり、これが一番美味しい気がします。

見てくれは、ちょっとさやが黒ずんでいたりして

お世辞にも良いとは言えないんですが、味は抜群!

甘みの中に香ばしさが加わって、味も濃い。

ちょっと硬めに茹でて、粗めの天然塩なんぞ振ったら

こりゃ、もう、止まらな~い(>_<)

「だだちゃ」とは、山形の方言で「お父さん」のこと。

昔、庄内の殿様が美味しい枝豆を食べて

「この枝豆はどこのだだちゃのものか」と言ったのが

名前の始まりだそうです。

江戸時代からずっと変わらぬ味。

美味しいからこそ伝えられてきた味なんですね。