大将のブログ

南天

26 8月 2009

100点
料理に添えてる葉っぱ。南天です。
この南天、採るのが結構大変です。
いつもは、その辺から大将が採ってきてます。
その辺って言ったって、あまり汚い所(車が多い道路沿いとか)のはダメだし、ましてや、人の家の庭にこっそそり・・・なんてこともできないですし。(やってないですよ。ホントに)
木はたくさんあるんですが、採れるところは限られちゃってます。
実家に帰るときは、庭から持ってきたりしてるですが・・・

前回は、お客さんのKちゃんが持ってきてくれました。
しかも、極上品。
何が極上かと言うと、葉っぱが細かいんです。
大きい葉っぱの南天はどこにでもありますが、小さいのはなかなかないです。

皿の脇につけるとき、やっぱりチラッと小さく可愛く付けたいじゃないですか。
あまり大きいと品がないし、葉っぱのってますみたいになっちゃって、料理が沈んじゃうんですよね。
なので、極力ちいさいのを探してます。

昨日、葉っぱが無くなったので、またKちゃんにお願いしたら、「今度、木ごと持ってくる」なんて、言っていただきました。

そしたら今日の昼間、さっそく持ってきてくれました。
え~。ホントに持ってきてくれた~(泣)
竹の次は南天です(根っこごと)
大汗で持ってきてくれて、ホントなんとお礼を言っていいやら<(_ _)>
感謝、感謝です。
なんで、そんなことまでしてくれるのか不思議に思うくらい。
本当に良い人です(泣・泣・泣)
ありがとうございました<(_ _)>

さっそく植えました。
ここ掘れワンワン
水もたっぷり
完成!

そうそう、南天は「難を転ずる」って言われて、縁起のいい木でもあります。
良い事あるかな?

良い事あった↑  (^.^)

大事に使わせていただきます。

今日も、お客さんにささえられた一日でした・・・

きょう来てくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・ おやすみなさい・・

トラックバック URI:

明日は筋肉痛?

25 8月 2009

とうとう湘南国際マラソンにむけて走りました。
実は、日曜日に「走る」って宣言しておきながら、走ってませんでした^_^;

きょうは荻野に用事があったので、ついでと言っては何なんですが、荻野運動公園で走ってきました。
走るぜ!!
お昼くらいだったので、日差しは少し強かったですが、やっぱり外は気持ちいいです!
ジムのトレッドミルもいいですが、天気の良い日は外に限る。
ここは緑もたくさんあってお気に入りのひとつです。
道路と違って、車を気にしなくていいのも良いですね。
気持ちいい

世界陸上が終わった後なので、気分は尾崎かボルト。
ものすごく走れそうな気になってましたが、実際は幼稚園陸上レベル。。。

競技場の外周大回り2周で終わった・・・・
しかも、途中2回くらい歩いた。。。
情けない。
イメージと、まるで違いすぎてガッカリ。。。落ち込みました。

いやいや、これは本気でかからないと、エライ事になりそうな予感。
時間作って真面目にやろうっと。

走ったらブログにて報告しま~す。
「コイツ、最近サボってる」と思われた方は、どうぞコメントにて突っ込んでください^_^;

そうそう、ここ荻野運動公園は「夕焼け市」も行われています。
特産物がいっぱい
時間があったら行ってみるのもおもしろそう・・・

天気のいい日に時間作って、また、走りたいです。

きょう来てくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・ おやすみなさい・・・

トラックバック URI:

草むしり

24 8月 2009

きょうは、前から気になっていた草むしりを決行いたしました。
ずっと天気が良くて、暑かったじゃないですか~。
炎天下には、なかなかでられませんよんね^_^;

草むしりなんて、「つくし」ならではの仕事だと思います。
街中の店だったら草むしりなんてしないですもんね。

きょうは、ちょっと涼しかったので、いざ!です。

きょうの収穫↓
大盛り
結構がんばったと思いませんか?
1時間くらいやりました。

最初は手でむしってたんですけど、「そういや、こないだJAでガリガリ(草むしりのときにつかう道具を我が家では昔から、こう呼んでいます)買ったんだった」って思いだして使い始めたら、早い早い!
ホントの名前は?ガリガリではない事は確か
草刈り鎌っていうんでしょうか?

やっぱり道具ってすごい。
使いやすいように良く考えられてますよ~。
今まで1本1本むしってたのが、ガリガリだと10倍早く終わります。
「いったい誰が考えたんだろ。ノーベル賞もんだ」
ってなこと、考えながらの草むしりでした。

キレイになって、さっぱりしました。
でも、またすぐに生えてきちゃうんですよね。

こんどは最初からガリガリ使おっ。(^.^)

きょうきてくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・  おやすみなさい・・

トラックバック URI:

苔玉講座

22 8月 2009

今日は月に一回の苔玉講座の日でした。
って、先月の講座から、もう一カ月ったったのか~。
ひと月なんて、あっという間ですねぇ。早すぎる^_^;

そいでもって、きょうは、苔盆栽。
陶器の鉢に草を植えて、土の部分に苔をはっていきます。
きょうは花もの
材料は、りんどう 2本、 ミヤギノハギ 適量
     リュウノヒゲ 少々、 オキナゴケ 大さじ 5杯
     根気 あるだけ

器はたくさんの中から選べます。大将はコレ。
素焼き、手作り

先に、土を3種類合わせておきます。肥料も入ってます。

次は植物の根ほどき。
真剣です
根を傷めないように慎重にやる。
結構、根が多くて器に入るか心配になってきます。

位置を決めながら器に入れます。
山盛り。大丈夫?
根っこが大盛り^_^;
これじゃ、土が入らない?

先生、曰く、「大丈夫!」
言われるがまま、箸でつつきながら土を入れていきます。
土に気を取られてると、草がずれたりして難しい。
先生は正しい
根気よく、つついてると、以外にたくさん土が入る。

土入れの後は、メインイベントの苔貼り。
4~5のパーツに分けてくっつけます。
すごく難しい
形と厚みの調整、つなぎ目が難しい。
先生がやると、どこでつないだか判らないくらいピタッと決まります。さすが・・・

格闘の末、完成!
よくできました
苔がホントにきれい!

りんどうとミヤギノハギは、花が咲きます。
楽しみ(^.^)

あ~、きょうも楽しかったです。
日常を忘れて没頭できるのがいいです。
教室の雰囲気も良いですし(先生の人柄です)、
こういうところでリラックスできると、仕事も集中できます。

あとは、枯らさないようにしないと・・・
「来月、報告を楽しみにしてます」って先生、
明らかに俺を見ながら言ってるような・・・・

常習犯?^_^;

きょうきてくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・ おやすみなさい・・・

トラックバック URI:

やっぱりダメだった・・

21 8月 2009

先日、お話した湘南国際マラソン
全然、練習してない。
いいかげんマズイっていうんで、「今日こそは!」と思って近くのジムに行ったものの、時計を見たら「ああ、もう、こんな時間・・・・」。
結局、一歩も走らず風呂だけで帰ってきてしまいました。
(受付のお姉さんに、もう帰るの?早っ!ってな顔された)

ジムは歩いて1分のザムロッド
実はそのジムさえ、かなり久しぶり。
あまりに行かないから、ロッカーに預けてある荷物が捨てられてるんじゃないかと心配になるくらい。
近いんだからパッと行って15分でも20分でも少しづつ走ればいいんですけどね・・。

時間がないのも事実なんですけど、やはりヤル気でしょうか?

すこし気合いを入れて頑張ってみます。

あしたは、苔玉講座の日なので走れないですが、
あさって日曜は休みなので走ろうかな~。

いやいや、絶対に走る!!(と、思う・・・)

きょう来てくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・ おやすみなさい・・

トラックバック URI:

バモちゃん

20 8月 2009

きょうは、今まで乗っていた車を下取りに出す日でした。
乗っていたのはフィット。5年乗りました。

実家の車の入れ替えの都合で下取りに出すことになったのですが、
「きょうでコイツとも最後か」なんて思うと、ちょっと寂しくなります。
仕入れも日常も遊びもコイツと一緒でしたから、たくさん思い出があります。

物は手入れをして大事に使うほうで、特に車は好きなので愛着がわいちゃうんですよね。

持っていかれる後ろ姿を見て、「良い人に乗ってもらうんだよ~」とか、
「最後に洗車くらいしてやればよかった」なんて思ったりして・・・(T_T)/~~~

(昔、バイクを売るとき泣いたことアリ・・)

娘を嫁に出す気分ってこんな感じ?

そしてそして、代わりにやってきたのがホンダのバモス。
軽のワンボックスで色は黒いヤツ。
実家で父親が乗っていたのが、まわってきました(お下がり・・・)
新入りです
このバモス。実家では何故か「バモちゃん」と呼ばれています。

どうやら車の顔つきが鼻ペチャに見えて可愛いっていうんで、「バモちゃん」になったみたい。
僕も、よくよく見てみましたけど、美人タイプではなく愛嬌タイプの顔(^.^)

一応、ボンネットもある(^.^)
一応、ボンネットもある(^.^)

やっぱり「バモちゃん」かな・・・。

これからは、コイツと仲良くやっていかなければいけません。

「魚やら野菜やら、いっぱい積んで走らなきゃいけないんだよ~。がんばってね~」
などと、すでに愛着がわきつつある大将でした・・・(^.^)

バモちゃんも大事に乗ってあげよう。っとっ・・・

きょう来てくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・  おやすみなさい・・

トラックバック URI:

つまむき

19 8月 2009

NHKの天地人で話題の妻夫木さんではありません。

刺身にのっている大根のツマの話です。

皆さんは、刺身のツマ、食べますか?
つくしのお客さんは、ん~、どうでしょう、
6割~7割位の方は食べていらっしゃるようです。

中には「この皿、何を乗せて出したんだっけ?」
と思うほど、大葉からきゅうりから全部食べてくれる
お客さんもいて、嬉しい限り(^^)

きょうはそのツマを大将がどんなふうに作ってるかを公開しちゃいます。

まずは、かつらむきをする大根を適当な長さに切ります。
上手な板前さんは長くても大丈夫ですが、
大将はヘタクソなので短めです。
大根のしっぽのほうだと上と下の太さが違ってしまうので、
葉っぱに近い寸胴の部分を使います。

次に包丁で皮を少し厚めに剥きます。
このとき大根の形は無視して、できるだけ「丸く丸く」剥きます。

皮がむけたら準備万端、後はひたすら「かつら剥き」。

大将から見た大根

大将から見た大根

これくらいの厚み

これくらいの厚み

人によって違うと思いますが、僕の場合、
目で大根の上側の厚みを追っています。
下側は右手の親指で厚みを感じながらむいています。
こんな感じ↓

下側は見ません

下側は見ません

上と下の厚みを一緒にしないといけないし、
丸く剥かないと切れるし、結構集中してます。

かつら剥きが終わったら重ねて、ツマの長さに切り分けて
もう少し
あとは、トントントンっと切って水にさらせば出来上がりです。
細く細く

ちょいと面倒ですがピカピカのツマにこだわりたいです。
DSC_0636
機械でやれば簡単ですけど、それをやったら、
あっちもこっちも「まっ、いいか~」な仕事になる気がして、
手間ですけど、ちゃんとやろうと思ってます。

食べても食べなくてもいいんです。
透明で、つやつやした、醤油を「はじく」くらいの
ツマにこだわりたいと思います・・・・

(家でやってみようと思った方は、十分気をつけてください。
        特に切れない包丁だと、ザックリなんてことも・・)

きょうきてくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・  おやすみなさい・・

トラックバック URI:

9秒58

18 8月 2009

夏休みをいただきました。
ありがとうございます。

ん~、やっぱり連休っていいですね。
こんな仕事してると、連休は盆と正月くらいですから、
スゴク新鮮で、ありがたく感じちゃいます。
「あしたも休み」と思うと、気持に余裕がありますよ~。
「余裕」カマシすぎて、結局なにもしないうちに、アッと言う間に終わりました。トホホ。
でも、連休はイイ。くせになりそう。
毎週とはいかないまでも、月イチくらいは欲しいところですネ(^.^)

さてさて、世界陸上ベルリン見ましたか?
男子100メートル決勝。

ジャマイカのU.ボルトが9秒58で世界新です。
スゴイですよね。神がかってます。

どんだけ早いんだか、実際見てみたいもんです。
つくしの前からヨーカドーあたりまで
走ってもらえないでしょうか?(^.^)
人類で一番足が速い
決勝もすごかったけど、予選もすごかったです。
全然、余裕の走りで、遊び?と思うくらい。
ジョギングでもしてるよう。
アナウンサーも「95メートルは流してますねぇ」って言ってました。
ちょっと~、本気で走ってるのは最初の5メートルだけかよ~^_^;

からだも大きいし、後から走ってきた選手が子供に見えました。
子供っていったって、世界陸上で走ってるんですから、十分速いと思いますけど・・

予選のときから「なにか、しでかす」オーラが出てました。
調子も良かったんでしょうね。
いやいや、調子を、この日に合わせてきたんでしょうね。きっと。
精神的にも身体的にも、本番にピタッと合わせられるのはスゴイと思います。

十分、納得のいく練習と自信がないと、こうはいかないですよね。
カッコいいところしか見てないけど、
普段は血のにじむような練習をしてるんでしょうね。
精神的にも強いと思います。こういう人は。

日々の努力、忘れちゃいけません。

そういえば、湘南国際マラソン(10キロですけど)にエントリーしてるのに、全然練習をしてない人を知っています。
↑大将です

ありゃ、俺でした・・・^_^;

「そろそろ、やんなきゃ」と思っているうちに夏も終わりそう。
本気でヤバくなってきた・・・
本番は11月8日です。

バッチリの調子で気分良く走りたいです。
(もう、遅いと思うけど)

連休とって、ジャマイカに旅行でもすれば、
少しは速く走れるようになるかなぁ・・・(^^)

きょう来てくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございました。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・  おやすみなさい・・

トラックバック URI:

「うまい!」のために

14 8月 2009
樽詰生ビール

樽詰生ビール

いつも皆さんに飲んでいただいている樽生。

つくしではエビスビールを飲んでいただいています。
それと、もうひとつ、厚木では珍しい琥珀エビスの二種類。

この生ビール。美味しく飲んでいただくには、調整やメンテナンスが結構重要なんです。
樽とサーバーをつなげばOKってな訳にはいきません。

まずは、しくみから。
機材は、ビールサーバー・生樽・炭酸ガスボンベの三つ。
この三つをつなげると炭酸ガスに押されて、ビールがサーバーに入っていき、中で冷やされて注ぎ口から出てくるってすんぽうです。

サーバーの中、見た事ありますか?
ない?  じゃ、見せちゃいます。

初公開!

初公開!

水の中でステンレスのコイルがぐるぐる巻いているのがわかりますか?(写真がヘタっぴですみません)

このコイルの管の中をビールがを通る間に冷やされるって訳です。
当然、水はかなり冷たいです。(凍りそうなくらい)
おもしろいでしょ(^.^)

あとは、炭酸の量の調整です。
樽の温度によって、ビールに溶ける炭酸の量が変わります。
夏と冬では違いますし、急に暑くなったり、寒くなったりした時も注意が必要。
値があっていないと、炭酸が足りなくて水っぽく感じるビールになったり、逆に炭酸ビリビリのビールになったりします。

大将、ボケ~っとしてるように見えますが、結構、気をつけてます。(^^)

店の営業が終わってからも毎日していることがあります。

サーバーの中に残っているビールを空にする作業です。
ビールには酵母が入っていて、管の中に入れたままにしておくと
オリがついて汚れてしまい、まずいビールが・・・・
後味が悪かったり、妙に苦いのは管が汚れているかも・・・
毎日やります
樽の代わりに水の入ったボトルを取りつけて、管の中を洗いつつ、ビールを追い出します。
だいたい、コップ一杯位のビールが出てきます。
エビスと琥珀エビスで計、二杯。毎日捨てる事になって、もったいないですけど・・・

あとは、週に一度の仕事
バラバラ事件
ゴシゴシ
外せる物は全部洗います。
徹底的に洗う
管の中もスポンジ(オレンジ色の)を通して洗います。

これでぴかぴか、美味しいビールを飲んでもらえます(^.^)

夜中に、こっそり(でもないけど・・)やっている大将の仕事、大公開でした。

すべては、お客様の「うまい!」のために。
  ↑ アサヒビールのCMでした・・・^_^;

「エビスビール あります」ですね。つくしは(^.^)
  ↑とびきり旨いやつです!!

きょう来てくださった皆さん、
読んでくださった皆さん、ありがとうございます。

明日、15日(土)~17日(月)までお休みをいただきます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・ おやすみなさい・・

トラックバック URI:

コースター

13 8月 2009
味があります

味があります

「つくし」で使ってるコースターです。
ひとつひとつ手作りなんですよ~。
って言っても僕が作ったわけじゃありません。残念ながら・・

これは、厚木市七沢にある「自然工房 森の家」という所にお願いいして作ってもらいました。
ここ「森の家」は、障害をもつ方の作業所で、木工品や草木染めのマフラー、小物などを作っているところ。
すべて手作りで趣のあるものばかり。
他にはハーブ園もやっています。たくさんの種類のハーブが植わっていてスゴク楽しいです。

いつでしたか、地域のバザーに「森の家」が出店されていたことがあって、そこで初めて作品を見ました。
まだ「つくし」は始めてなかったですけど「自分の店を持ったら、こんなコースター使ってみたい」と思いました。

そんなこんなで、お願いすることになったのですが、
既存のコースターでは「厚みと大きさが足りない」と話したら、
「特注で作ります」と快く言っていただきました。
   わがままですみません・・・^_^;

そしてできたのがコレです。

手織りです

手織りです

このコースター、何からできていると思いますか?

答えは、浴衣(ゆかた)!

まず最初に使わなくなった浴衣を細~く裂きます。
今度はそれを、一本一本糸にしてから
はた織り機で織っていきます。

よく見るとわかりますが、このコースター、
大きな織物を四角く切っているんじゃなく、
一枚一枚作られています。

どうですか。スゴイと思いませんか?
気が遠くなります。

しかも、目の不自由なおばあちゃんが作ってるんです。

できます?

受け取った時は涙が出そうになりました。

大事に使って、やぶれたら、また、おばあちゃんに頼みに行きます。
ばあちゃん、それまで元気にしててよ(^.^)

心のこもったコースターのお話でした。

きょう来てくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

あしたも「一番いい日」でありますように・・・  おやすみなさい・・

トラックバック URI:
Page 52 of 54« First...203040«5051525354»

ページの上へ