焼酎・日本酒


焼酎

年に一度だけ 宝山情熱シリーズ

年に一度だけ 宝山情熱シリーズ








芋焼酎
赤霧島(宮崎)紫芋「ムラサキマサリ」が原料。ムラサキマサリに豊富に含まれるポリフェノールと焼酎麹が生成するクエン酸に反応して、もろみが真っ赤になることから「赤霧島」と命名しました。後を引くような甘みと気品高い香りが特徴の全く新しいタイプの芋焼酎です。 750円
佐藤 黒(鹿児島)黒麹仕込みの特性を生かした力強い香りと味わいを持ち、丁寧な熟成により繊細でなめらかな舌触りに仕上がっている逸品。なかなか手に入らない貴重な一本。 650円
晴耕雨読(鹿児島)若干の米焼酎を隠し味にブレンドすることで、芋の風味を抑えた飲みやすい芋焼酎。しかし芋の味はしっかりと利いている人気の芋焼酎です。 500円
不二才(鹿児島)「不二才」とは鹿児島の言葉で「不細工な男」という意味。この名前の由来の通り、余計な飾りのない昔ながらの芋焼酎の濃厚な風味を前面に押し出した芋焼酎です。 550円
富の宝山(鹿児島)黄金千貫を丹精に磨きじっくりと発酵させることにより、芋の臭みを抑えて旨みだけを上手に引き出した新しいタイプの芋焼酎。ロックで飲んで旨い清涼感のある芋焼酎の草分け的存在 550円
麦焼酎
つくし黒(福岡)カメ貯蔵5年以上の原酒ブレンド。重めの香りがあり、口に含んだ時にぐっと広がる、厚みのあるしっかりとした味わい。個性的な甘みが特徴です。 550円
つくし白(福岡)カメ貯蔵5年以上の原酒ブレンド。軽くさわやかな香りと、軽やかな口当たりが人気。ややドライな味わいが楽しめます。 550円
佐藤麦(鹿児島)ローストさせた麦を連想させる香ばしさ、程よい旨みがワンランク上のテイストをかもし出しています。お勧めの飲み方はお湯割り。ロックに比べて旨みが高まり、料理との調和が楽しめます。 550円
和ら麦(福岡)麦でありながら吟醸酒のようなみずみずしくフルーティーな香りが楽しめる本格麦焼酎です。 480円
米焼酎
豊永蔵(熊本 常圧蒸留)豊永蔵の常圧蒸留バージョン。甘く香ばしい香りがまず特徴的。減圧蒸留にはないゆったりとしたコク、旨みがあります。 500円
鳥飼(熊本)魅惑の吟醸香が素晴らしく、トロピカルフル-ツのような優しい香りと柔らかな味わいが特徴の米焼酎の傑作です。 550円
黒糖焼酎
朝日(鹿児島)穏やかで澄んだ黒糖のあまい香りが立ち、仄かな甘みをもった幅のある味と、軽やかな喉ごしが特徴的です。黒糖焼酎ならではの少しクセのある香りが、お湯割りにも向いています。 550円
泡盛
まさひろ(沖縄)泡盛まさひろは、三代目蔵主である昌廣(しょうこう)の名前を読み替えて命名されました。芳醇な香りと確かな飲み応えのしっかりとした味わいが特徴です。(瓶貯蔵) 450円
カリー春雨(沖縄)カリーは地元沖縄では幸運を意味する言葉。新酒でありながらまろやか。 550円
炎 ほむら(沖縄)もろみを炎で直に加熱する直火蒸留ならではの香り。複雑にして豊かな味わい。 550円
その他
つんとわさび本来の香りにこだわり、国産本わさびを100%使用。さわやかな香りです。 480円

日本酒

睡龍(奈良)生もと純米 850円 睡龍
独楽蔵(福岡)純米無農薬六十 800円 独楽蔵
大那(栃木)純米吟醸那須五百万石 850円 大那
竹鶴(広島)純米 700円 竹鶴
竹泉 醇辛(兵庫)純米 800円 竹泉 醇辛
浦霞(宮城)米の旨みが生きていて、まろやかな中にもすっきりとした味わい。これぞ純米酒といった存在です。 750円

ページの上へ