「金継ぎ」の本です。

お店にはたくさんの器があります。

「形あるものは。。。」じゃないですけど、

使ってるとどうしても割れたり、欠けたりしてしまいます。

落として粉々になっちゃったのは さすがに捨ててしまいますが、

ふちがちょっとだけ。。。

なんてのは もったいなくて捨てられないですよねー^^;

例えば、こんなの↓

  
前から「金継ぎ」って やってみたかったんですよねー♫

でも難しそうじゃないですか。

漆(うるし)とかも使わないといけないみたいだし。

かぶれたりもするし。

専門の職人さんの世界ですよねー。

でも最近は、こんな本も売られていたり、

金継ぎの道具が全て揃った「金継ぎキット」なんてのも売られていたり、自分で楽しみながら直す人も多いようです。)

かんじゃ!大将も!

ってんで、

頑張ってみます。

出来上がりはこんな感じ。(ネットから画像を借りました)

  
お〜〜、美しい!カッコいい!

なんだかちょっと迫力が出ますね!
ま、こんなには上手くいくはずもないですが。。。
道具が揃って、皆さんに出来映えを見せられそうだったら 写真をアップしますね〜〜♫

音沙汰ない場合は、、、、

そっとしておいてあげてください^^;