きのう(日曜)は、厚木文化会館で
扉座の舞台を見てきました。

見るのは今回で二回目。
前回初めて見てハマりました~。

いやいや、今回の「サツキマスの物語」もよかったです。
扉座
やっぱり「なま」は違います。
小ホールでの公演だったので
役者さんたちはマイクなしの肉声。
席が良かったのもあって、息使いまで伝わってきます。
みんな、日頃か訓練してるんでしょうが、
ものすごく、とおる声でカッコいい!
迫力あります。

迫力と言えば、今回は
「近藤正臣」さんが出演してました。
やはり、ベテラン。
出てくるだけで、舞台がグッとしまります。
余裕があるっていうのかな~。
やっぱり、かっこいいです。

全体のセリフもストーリーもすごくよくて、
舞台に厚みがあります。
ただ、演じてるだけじゃない気がします。

クスッと笑えるところあり、
泣けるところありで楽しかったです。

役者さん達も一生懸命で感動します。
すばらしい舞台でした。。
絶対また見に行く~~。

まだ見たことない方は、
一度見たほうがいいと思いますよ(^^)
お勧めです!
ちょっと、人生観変わるかも。。。

きょう来てくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

明日も「一番いい日」でありますように・・ おやすみなさい。。